ホープスの、他の住宅会社と違う特徴(口コミ・評判)


ホープスのWEBサイト

株式会社ホープスは設計事務所と工務店の双方の強みを併せ持つ、設計施工一貫サポートの家づくりを提供している会社です。本社は世田谷区にあり、都内での狭小住宅、デザイン性の高い住宅の実績が数多くあります。設計事務所でもあり、工務店でもある事のメリットは、ホープスを語る上で外せない要素となります。そして、施主様にプレミアムな家づくりを提供するという信念と価値観は、他の住宅会社には見られない誠実な社風を表す、ホープスの大きな特徴です。

目次1.株式会社ホープス
1-1.会社概要
1-2.地図
1-3.株式会社ホープスの作るデザイナーズハウス

2.株式会社ホープスの作る家の特徴
2-1.究極まで突き詰められたデザイン性
2-2.耐震性・耐久性
2-3.省エネ性能(パッシブデザイン)
2-4.資産住宅

3.株式会社ホープスのココが、他の住宅会社と違う
3-1.溢れるホスピタリティと誠実な社風
3-2.”価格の話が出来る設計事務所”という側面
3-3.都内・特に狭小住宅に数多くの実績
3-4.プレミアムなデザイン・性能と家づくり満足度

4.まとめ:一生に一度の家づくりを、信じて任せられる会社

1.株式会社ホープス

1-1.会社概要

本社所在地 東京都世田谷区尾山台3-24-6
代表TEL 03-5752-8877
業態 設計事務所+工務店
URL http://www.archi-hopes.co.jp/
代表者 清野 廣道

1-2.地図

1-3.株式会社ホープスの作るデザイナーズハウス

作品集を見る(別ウィンドウが開きます)

総合評価:4.6

4.省エネ性能へのこだわり4.57.アフターメンテナンスの充実度4.58.建主に寄り添う考え方5.0

評価項目 評価点
1.デザイン実現度 5.0
2.施工・技術力 4.5
3.耐震性能へのこだわり 5.0
5.家づくりプロセスの分かりやすさ 4.5
6.資金計画と価格のズレの無さ 4.0

東京都世田谷区にあるホープスは、デザイン性の高い住宅を数多く提供している会社です。設計施工一貫で行う工務店さんです。”プレミアムな狭小住宅”を得意としています。特に都内で狭小地や旗竿地等、敷地条件の厳しい土地に住宅を建てるお考えのある方にお勧めの依頼先です。

2.ホープスの作る家の特徴

ホープスの作る家は、大きく4つの特徴を持っています。

2-1.究極まで突き詰められたデザイン性

ホープスのデザイナーズハウス
ホープスの住宅は、写真のように細部まで設計を作り込んでいます。意匠性は極めて高い水準まで突き詰められており、更にそれらを現場で作り上げる技術も兼ね備えています。このように、ホープスと家づくりを始める事によって、世界に一つだけのプレミアムな設計・空間を持つ、突き詰められたデザイナーズハウスを手に入れる事が出来るのです。

2-2.耐震性・耐久性


ホープスの作る住宅には、木造ラーメン工法で最も普及している耐震工法:SE工法を取り入れています。このSE工法を取り入れる事によって得られる価値は下記のようなものがあります。

<SE構法のメリット>
1大地震に耐える耐震性:柱脚部、仕口部分等の接合強度や各部の地震に対する強度
2構造計算:耐震等級2・3を標準
3集成材・金物接合による品質の安定と耐久性
4CADとCAMが連動するプレカットによる品質の安定
5構造に対する保証:SE住宅性能保証
5大スパンを飛ばせる:設計の自由度

構造にSE構法を選択するだけで、在来木造工法には実現できないような様々なメリットがあります。簡単に言うと、在来工法は根拠や保証が不明確なのと比較して、このSE構法は耐震性・耐久性といった側面だけでなく様々な部分で性能の安心感を証明している工法なのです。

SE構法は全国で使える工務店が約500社あります。そしてホープスはこのSE構法を積極的に取り入れて、供給元のエヌシーエヌより認定された家づくり『重量木骨プレミアムパートナー』に参画しています。重量木骨プレミアムパートナーは全国で60社程度しかなく、SE構法の実績の豊富な工務店しか加盟の出来ない仕組みです。

『日本の家を100%耐震に。』このスローガンの下、地震や自然災害に強い家づくりを推進しているのがホープスの家づくりです。

2-3.省エネ性能(パッシブデザイン)

ホープスは、省エネ性能についての設計手法:パッシブデザインを積極的に取り入れています。これから家の省エネ性能については国の規制が厳しくなるといわれていますが、ホープスはこのような変化にもいち早く対応し、省エネ性能を確保する家づくりを推進しています。

2-4.資産住宅

そしてホープスの家づくり、第4の特徴が「資産となる家」です。日本の木造住宅は現在建ててすぐに資産価値が無くなり、その寿命は30年程度と言われてきました。スクラップアンドビルドという建てては壊し、というのを繰り返してきたのが日本の戦後の家づくりです。ホープスの住宅はSE構法を採用し、住宅履歴を保存し、資産となる家づくりを推進しています。数年後に暮らしの変化・ライフステージの変化により家を売却する可能性というのも、無いわけではありません。このような先々の変化を見越して、建てた時から資産となる家を提供してくれるのが、ホープスの家づくりの大きな特徴となっています。

これら4つの価値を住宅が持たせることで、他の住宅会社が真似の出来ないクオリティの家づくりを実現しています。また設計事務所単体で設計には表面的なデザインのみしかケアされてない家づくりが多く有る反面、ホープスは工務店として、SE構法やパッシブデザインといった住宅性能の部分、さらには家の資産価値までも考えて家づくりをしているのです。

3.ホープスのココが、他の住宅会社と違う

ホープスの家づくりはこのように4つの特徴からなります。そしてここからはホープスの家づくりをソフトを含めた切り口から見ていきます。他の住宅会社と異なる、特化している部分をまとめてみました。

3-1.ホスピタリティと誠実な社風

ホープスは、家づくりにおいてのホスピタリティを重視している会社です。家づくりに対して、真摯に取り組んでいる姿勢がお客様から多くの信頼を得る源となっています。家づくりは、良い会社・良い人を探して相談できるかという点が重要なポイントとなりますが、ホープスはその部分で、建主に寄り添いながら、楽しく・幸せになってもらえるような家づくりを展開している会社です。

3-2.”価格の話が出来る設計事務所”という側面

最大の特徴は、設計事務所であり工務店でもあるという部分です。設計事務所は設計契約の時に正確な見積を出すことが出来ません。しかしホープスは工務店(=見積機能を持つ)ので、お客様のご要望がどのくらいの金額になるかの目安を、他の設計事務所より正確に出す事が出来ます。

3-3.都内・特に狭小住宅に数多くの実績

ホープスは会社が世田谷区、尾山台にあります。この地域(世田谷・目黒)は地価が非常に高く、高品質でフルオーダーのデザイナーズハウスに必要となる費用(建築本体:3,000万円(税抜)~、建築本体・別途・諸経費全て込み:3,700-3,800万円(税抜)~)を建てようとすると、土地代を抑える必要が出てきます。土地代を抑えるには、狭小地や旗竿地という選択肢がありますが、ホープスはこのような敷地での実績・ノウハウがNo1と言われています。土地価格を抑えて、住宅の品質を重視したい方にはお勧めの依頼先です。

3-4.プレミアムなデザイン・性能と家づくり満足度

ホープスの住宅は、デザイン性・耐震性・省エネ性というハードの側面だけでなく資金計画・プロセス等のソフト面も、もれなくカバーしています。施主様の幸せな・楽しい家づくりをサポートするホスピタリティにあふれています。旧施主さんの満足度が高いという点からも実証されています。

4.まとめ:一生に一度の家づくりを、信じて任せられる会社

上記のようにデザイナーズハウスを都内で建てる方に、もっと言えば注文住宅を建てる方に、デザイン・耐震・耐久・省エネそして資産になる住宅を家づくりの中心に据えている会社です。深い部分まで考慮しながらバランス感覚を保っているホープスの家づくりは各項目で高い得点となり、総合で第1位となりました。設計・施工・アフターケアどの部分を見ても、安心して相談できる依頼先と推薦します。

※このページは、一級建築士の資格を持つ当サイト管理人が制作をしております。

Follow me!